湯花神楽

神社前の幟

神楽由来

年間行事

式典

集まった人達

湯花神楽儀式

湯をかき混ぜ泡を見て豊作祈願

笹の葉を湯に漬ける

湯を含んだ笹

湯を降りかける

弓を射る

衣装を着ける

こんな顔の天狗の面

お餅を撒く

最後の餅撒き

終了

獲得したお餅

ゆ 湯花神楽 今も伝える 舞岡八幡

 舞岡八幡宮のお宮の由緒によると、その昔、舞岡は腰村と呼ばれていましたが、乾元元(千三百二)年三月、白旗が空に舞うという奇怪な出来事があったことから舞岡と改め、石清水八幡宮をこの地に勧請したのが舞岡八幡宮の始めであるといわれています。この神社には古くから湯花神楽が伝えられており、大釜で沸かした湯に笹の葉を浸し、邪気を払うために、神前と参拝者の頭上に湯をまき散らします。湯から引き上げるとき、湯玉が飛びあがり、この湯玉を湯花と呼び、この神事を神楽に取り入れたものが湯花神楽で、四月十五日に行われています。

解説文:とつかかるたより